せんだい環境Webサイトたまきさん

せんだい環境Webサイトたまきさん

仙台市の環境について
『知りたい』『参加したい』『やってみたい』を
応援するポータルサイトです。
環境に優しい行動のヒントや情報が
いっぱい詰まっています。

MENU

たまきさんサロン

せんだい E-Action

FEEL Sendai

生物多様性保全推進事業

脱炭素都市づくり

資源循環都市づくり

自然共生都市づくり

快適環境都市づくり

TOP脱炭素都市づくりお知らせ「元気に育てよう! 緑のカーテン大作戦」レポート@

「元気に育てよう! 緑のカーテン大作戦」レポート@

投稿日:2022年05月20日(金)

緑のカーテン用のゴーヤ(ニガウリ)と朝顔の種まきをしました!






  新緑の五月中旬、今年も「緑のカーテン」づくりの季節がやって来ました!
  たまきさんサロンでは、ゴーヤ(ニガウリ)と朝顔の種まきからスタートです。
  まず、種まきの前処理から始めます。




【前日・前処理】



  ゴーヤは固い種皮に包まれているので、
  先端部分を少し切り取り傷つけてやると、
  種皮が割れやすくなり、発芽率が上がります。
  朝顔の種は、前処理なしでも大丈夫です。









  半日位水に漬けて、種皮にたっぷり水を含ませます。











  乾燥した種(左)水を含んだ種(右)







 



  【翌日】
   種まき用の培養土とバケツを準備して、水を含ませます。

























  水を含ませた培養土を苗ポットに入れてトレーに並べていきます。










  次に1センチほどの穴を掘り、種を1ポットあたり2〜3粒まきます。
  ゴーヤの種は横向きに植えます。










  土をかぶせて完了です。
  深すぎたり、土を固めてしまうと発芽しにくくなります。










  最後に霧吹きで水をかけます。屋内で発芽させる場合には、
  芽が出るまでは土が乾燥しないように新聞紙を被せて、
  さらに新聞紙の上からも霧吹きしておきましょう!




あとは暖かい場所で、乾燥に気をつけながら発芽を待ちます。
朝顔は約1週間、ゴーヤは10日から2週間くらいかかります。
気長に待ちましょう!

「元気に育てよう! 緑のカーテン大作戦」レポートAへつづく・・・